てらくんの備忘録

旅、音楽、薬、健康、美容、政治、経済など、、好きなようにやらせて貰います‼︎笑

🔥ファイラマッスルがとんでもない件🔥

どうもテラくんです。

 

 

夏に向けて筋トレをしてるのですが

これを飲むと効果倍増な実感!

ただ今170センチ58キロ体脂肪9パーセントまで来ました。

 

今セール中なので買ってみるといいかもしれません!

🥟宇都宮 大谷資料館の旅📖

こんばんはてらくんです。

 

先日栃木ー宇都宮の大谷資料館に行ってまいりました。

 

宇都宮といえばやっぱり餃子!!!

f:id:pecorin1009:20181116203059j:image

 

ですが…

 

今回は大谷資料館なる場所に訪れました。

 

徐々に観光地として認知されてきているスポットで、今回潜入してきましたので、その模様をレポートさせていただきます(^^)


f:id:pecorin1009:20181116203045j:image

入場料は大人:800円
子供:400円(小・中学生)
未就学のお子様は無料。

 

 

大谷資料館は1919年(大正8年)〜1986年(昭和61年)までの約70年をかけて、 大谷石を掘り出して出来た巨大な地下空間です。


f:id:pecorin1009:20181116203103j:image

 

中はライトアップされていてとても綺麗。そしめとても広い!!!

その広さは、150m×140mで、野球場が一つ入ってしまう大きさとのこと…


f:id:pecorin1009:20181116203112j:image

 

坑内の年平均気温は8℃前後。普通に寒く、コート必須です。🧥

夏はいい避暑地になるかも?

戦争中は地下の秘密工場として、戦後は政府米の貯蔵庫として利用されていました。


f:id:pecorin1009:20181116203117j:image

 

現在では、コンサートや美術展、演劇場、 地下の教会として、また写真や映画のスタジオとしても注目を集めています。

GLAYのPV撮影にも使われたそうです。


f:id:pecorin1009:20181116203050j:image

 

もはやゼルダの伝説の世界。

錆びついた鉄と大谷石のオブジェのあるスペースで、塵芥の闇の中に差し込む一筋の光は、過去の歴史に想いを馳せる我々そのものでした。

 

美しい。


f:id:pecorin1009:20181116203108j:image

 

カラフルなライトアップも内部はたくさん有るんですが、純粋な闇と光だけが作る陰影がとても美しく感じました。

 

f:id:pecorin1009:20181116203040j:image

 

夕暮れ時はなんか少し切ない。

 

以上です。(^^)

 

JR宇都宮駅西口6番乗場から大谷・立岩行きに乗車し約30分。
東武宇都宮駅からは、東武駅前バス停で大谷・立岩行きに乗車し約20分。
資料館入口で下車して、徒歩約5分。

 

少し繁華街から足を伸ばし、地下の美しい世界を見てみてはいかがでしょうか?🕳

 

⛩広島弾丸旅行⛩

こんばんは、てらくんです。

先日金土日と休暇を頂き、関西の方へ旅立ちました。

 

厳島神社もいってきましたー♪

f:id:pecorin1009:20181109181149j:image

 

スケジュールはざっくり

 

Day1

金曜

朝  成田→広島

広島観光

夕 広島→大阪

 

Day2

大阪で友人結婚式

 

Day3

大阪観光→帰宅

 

弾丸ツアー(Day1)でしたが、、効率良く回れば半日で広島の主要スポットを回ることができる事が出来たので、シェアしたいと思います♪

 

・9時30分成田発の便で広島空港へ

 

f:id:pecorin1009:20181109181710j:image

 

・11時10分広島空港着✈️

 

・バスで広島駅へ🚌(1340円)

 

・12時頃広島駅着

f:id:pecorin1009:20181109182540j:image

広い!!

 

・すぐに駅ビル内のお好み焼き屋「みっちゃん」へ

f:id:pecorin1009:20181109182739j:image

 

かなーり並んでましたが30分で入れました!

f:id:pecorin1009:20181109182734j:image

 

みっちゃんの1番人気、スペシャルそばお好み焼きを頂きました。美味かったー!♡

f:id:pecorin1009:20181109183041j:image

f:id:pecorin1009:20181109183051j:image

さすが広島!マヨネーズのキャップがカープなんですね、笑

 

・食べ終わって13時15分その後、休みなく厳島神社を目指します!

f:id:pecorin1009:20181109183248j:image

・広島駅JRから宮島口・岩国方面へ乗車

13時31分発


f:id:pecorin1009:20181109183252j:image

 

・14時00分JR宮島口着→下車f:id:pecorin1009:20181109183820j:image

外国人もいっぱい!!!

 

・地下道?を通って宮島桟橋のフェリー乗り場へ⛴

 

f:id:pecorin1009:20181109184932j:image

海の匂いがしてきました。🎣

 

JR西日本運営のフェリーへ乗船(180円)
f:id:pecorin1009:20181109184927j:image

…あ、、あれはまさか!!⛩

 

f:id:pecorin1009:20181115164959j:image

デデン!

 

無事上陸!この時点で14時20分

鳥居方面へ〜

f:id:pecorin1009:20181115165007j:image

近くから見える鳥居は圧巻でした!

この鳥居は垂直に建てられており、自身の重さだけで立ってるそうですね。


f:id:pecorin1009:20181115165003j:image

👆厳島神社内(入場料300円なり)

 

f:id:pecorin1009:20181115165425j:image

広島名物カキ!激ウマ!

 

f:id:pecorin1009:20181115165428j:image

アナゴ丼が有名らしいですが、敢えてアナゴマンにチャレンジ

f:id:pecorin1009:20181115170226j:image

海アナゴの存在感もちゃんとあって、海の風味も感じられました。うまし!✨

 

f:id:pecorin1009:20181115165435j:image

鹿さんはおねんね中でした。🛌


f:id:pecorin1009:20181115165421j:image

広島名物もみじ饅頭→職場や友人へのお土産にお買い上げ♪

 

一通り楽しんだので宮島とお別れ。

滞在時間は1時間と少しくらいですね。

 

帰りもフェリーです⛴

15時45分のフェリーに乗りました。

(今回は西日本JR運営でない方→180円)

 

すぐ目の前に広電があったので、

広電でレッツゴー👊

 

f:id:pecorin1009:20181115213149j:image

ローカル鉄道らしい、可愛い見た目でした。😍

イカでもパスもでもはやかけんでもICカード全国のどれでも使えます(^^)

 

あと

原爆ドーム前駅ってのがあって便利ですねー!

 

f:id:pecorin1009:20181115171148j:image

 

49分かかるとのこと。

 

16時すぎの電車に乗車!

 

いざ原爆ドームへ〜

 

f:id:pecorin1009:20181115213855j:image

 

無事到着。

 

たまたまなのか、広電の中は外国人や観光客と思しき人はいませんでした。

 

その土地の空気感も感じられるかと思うのでオススメです。

 

そして原爆ドームへ〜

 

f:id:pecorin1009:20181115214447j:image

 

言葉が出ませんでした。


f:id:pecorin1009:20181115214511j:image

 

夕暮れ時は静かで、平和や幸せの意味を皆がそれぞれ自分自身に問いかけているようでした。


f:id:pecorin1009:20181115214608j:image

この建物の600m上空で爆発しました。


f:id:pecorin1009:20181115214507j:image

 

瓦礫などは当時のまま残っています。

 

 

何人もの人々が戦争によって、一瞬のうちに命を落とし、得られるはずだった幸せや苦難、人生の体験そのものが断たれた。

凄惨で辛い過去であることを改めて知り、戦争の惨さも感じる事ができた。

そして今、この時代に生まれ、生きているという事がとても尊いと思ったし、幸せな事なんだと感じた。


f:id:pecorin1009:20181115214604j:image

 

日本に生きる全ての人が自分の目でここを見て欲しい。

 

しんみりとなってしまいましたがこれにて終了です。笑

 

夕暮れ時の原爆ドーム、とても綺麗でした。

このルートで回れば夕暮れ時に到着できるので、ぜひぜひ旅の参考にしていただけたらと思います。(^^)

 

因みに、この後は大阪へ行き大学時代の仲間の結婚式に参加しました💍

 

私は海外に目を向けがちなのですが、国内にも一見の価値がある場所がたくさんありますね。

 

またこれからも旅の情報をシェアしていきます。ではでは〜♪

 

 

 

ミャンマー冒険記〜バガンの現状〜

こんばんは、夏が終わり秋が近づいてきました。季節の変わり目は特に体調には気をつけてお過ごしくださいね。☕️

 

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35JN56+FEAKZ6+15A4+1HM30X" target="_blank" rel="nofollow">
<img border="0" width="234" height="60" alt="" src="https://www24.a8.net/svt/bgt?aid=190713066931&wid=001&eno=01&mid=s00000005350009005000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www10.a8.net/0.gif?a8mat=35JN56+FEAKZ6+15A4+1HM30X" alt="">

 

今回はバガンはツアーで回りました。

 

さて今回も引き続き好評?のミャンマーのお話をさせていただきます。✨

f:id:pecorin1009:20180913234245j:image

 

今回は観光地として人気なバガンの現状についてです。

 

バガンについて少し触れますが、

バガンミャンマー最初の王朝が栄えた場所で、建国の歴史を語る上でも非常に重要な場所です。

当時建てられた寺院が地平線まで広がり、太古の人々が息づいた証が美しい景色と共に感じられます。

 

バガンビューイングタワーより⭐️

f:id:pecorin1009:20180913235111j:image

 

人気の観光地であるバガンですが、2016年8月24日、地震が襲いました。

 

f:id:pecorin1009:20180913235450p:image

 

この影響で現在、バガンにある寺院にはどこも登る事が出来なくなっています。

地元民の話によると危険な為政府により登頂が禁止されているんだとか…

 

絶景ポイントとして有名で地球の歩き方にもオススメスポットとして載っている

・シュエグーチー寺院

・シュエサンドーパヤー

どちらも登頂禁止です。。

 

f:id:pecorin1009:20180913235928j:image

 

地球の歩き方2017-2018にオススメスポットとして紹介されていますが、登れないのが現状です。

 

海外に行く時、地球の歩き方様には非常にお世話になっていますが、この時ばかりは話が違うじゃないか!((((;゚Д゚)))))))

と思いました…

 

もしバガンに今行かれる場合、寺院からの景色は楽しめないので、寺院から見たい方はもう少し渡航を先延ばしにした方がいいでしょう。

修復は今も行われているようです。

f:id:pecorin1009:20180914000650j:image

 

そんな中で「いや、今すぐ絶景をみたい!」「先まで待てない!」という方に、今現在でも絶景を楽しめるスポットを紹介します。

 

①〜スマラニ寺院の隣の丘〜

f:id:pecorin1009:20180914001450j:image

↑はバガン全体の地図ですが、その中でスマラニ寺院は赤マークのところです。

 

泊まったゲストハウスのオーナーからオススメされました。

 

オールドバガン方面から来てスマラニ寺院が見える辺りまで来ると、道が分かれており、右に進んだ所に大きな丘があります。

 

f:id:pecorin1009:20180914002019j:image

曇っていたのが残念ですが、それでも全体が見渡せて綺麗でした(^^)

 

なんといってもここは無料で観れるのが嬉しいですね。

 

②〜バガンビューイングタワー〜

f:id:pecorin1009:20180914002538j:image

↑先ほどの地図です。赤マークがバガンビューイングタワーになります。

 

f:id:pecorin1009:20180913235111j:image最上階は外に出ていて、地平線まで一望出来ます。

 

f:id:pecorin1009:20180914002838j:image

 

入場には5ドルかかりますが、それに見合う価値はあると思います。^_^

 

f:id:pecorin1009:20180914003310j:image

↑有名なアーナンダ寺院

 

今見えているものは何かという解説も簡単にしてくれます。

 

ちなみに先ほどのシュエサンドーパヤーや、シュエグチー寺院よりも高い所からバガンが見れます。

 

お金かけても良いよという方はこちらを強くオススメします。

 

たった5ドルです。

 

以上、バガンのガイドブックとは異なる現状と、今回発見したオススメスポットを紹介させていただきました。

 

f:id:pecorin1009:20180914004540j:image

↑お土産屋で出会った子供達

 

この情報があなたの役に立てれば幸いです。

 

予め情報を集める事はもちろん大切ですが、それでも自分の思う通りにならない事は海外旅行ではよくあります。

そんな時、地元の人や同じ旅行客から情報を得る。

そうして行けば、その方法でしか出会うことのなかった景色や人に出会うことが出来、それが忘れられない経験になります。

 

たくさんの国で沢山の人と触れ合って旅ライフを楽しんでいきたいですね。✈️

 

以上で終わらせていただきます^^

 

ミャンマー冒険記〜ソウルフード編〜

どうも季節の変わり目で喉の調子が芳しくない、てらくんです。😃

こんな時は食べ物としては玉ねぎがよく効くそうで、主成分である硫化アリルが殺菌的に作用してくれます。

こんばんは玉ねぎを大量に摂取しようと思います。🍴ʕ•ᴥ•ʔ

 

f:id:pecorin1009:20180908114343j:image

さて、本日は、続編という事で、

先日ミャンマーに行った時の事を再度お話させていただきたいのですが、東南アジア最後の秘境と言われているミャンマーには沢山の美食がありました。

 

特におススメしたいものをピックアップして紹介させていただきます。

 

〜その1〜

まずこの旅行中1番食べたのはフライドヌードル。

モチモチした食感に甘辛い調味料と油で炒め、野菜やチキンなども入っています。

迷ったら間違いなくこれ!どこで食べてもハズレはありませんでした。

f:id:pecorin1009:20180908112055j:image

これはYangon空港でのフライドヌードル。美味です。

大体値段は1500〜5000チャット(130円〜450円くらい)場所にもよりますが市内だと安く食べられます。

 

〜その2〜

Yangonには最大の繁華街として知られる19番ストリートなるものがあります。f:id:pecorin1009:20180908114634j:image

夜は非常に賑わってます。
f:id:pecorin1009:20180908114640j:image

露店の焼き鳥にもチャレンジしました

(^ω^)

 

このストリートでオススメしたい店が、ココです。

f:id:pecorin1009:20180908115216j:image

「KôSan 19th St snack & Bar」さん

 

フードメニューはこんな感じ

f:id:pecorin1009:20180908115440j:image

チャット→円への計算は、チャットの0を一個消して、×0.9位です。

なので大体

・フライドポテトが125円

・ローストビーフが250円

・チャーハン125円

・店オススメのハンバーガーが315円

こんな具合ですね

 

飲み物は

f:id:pecorin1009:20180908130524j:image

・ビールジョッキで110円

・マンゴージュース110円

テキーラレッドブル180円

 

僕はチャーハンとローストビーフとビールを頼みました(ビールの写真撮り忘れた…)🍻

f:id:pecorin1009:20180908131003j:image

 

この3つでなんと485円…ワンコインでいけます。味もNICEでした✨

 

〜その3〜

今回私はバガンにも行きましたが、そこでも素晴らしい美食に出会いました。😍

 

バガンの中でもニューバガンにあります。

ここです。

f:id:pecorin1009:20180908131744j:image

看板
f:id:pecorin1009:20180908131438j:image

 

「Shwe Tile Kyaw」さん

 

地元民の中でも有名な店だそうで、更に大通りにも面してるのでタクシーの運ちゃんに店の名前を言えば連れてってくれます。

 

内装

f:id:pecorin1009:20180908132015j:image

 

料理はミャンマー風のバイキング形式のようですね。

f:id:pecorin1009:20180908132113j:image

このようにタイ米と小鉢が来て各自好きなだけ好きなものを食べます。

 

で、小鉢が減ってくると店員さんがその皿に同じ料理を追加して盛ってくれます。

 

中でも

f:id:pecorin1009:20180908132424j:image

この豚カレー🐖

 

絶品過ぎます✨✨✨✨✨

 

ミャンマーは油を多く使うビルマカレーが有名で、この豚カレーもそれです。

油も嫌なコテコテではなく、豚自体も柔らか系く、日本で言う「豚の角煮」のような感じでした。

 

このバイキングの中には豚カレー以外にも

・牛カレー🐂

・魚カレー🐟(これはブニョブニョでちょっと気持ち悪い、笑)

・羊カレー🐏が楽しめます(^ω^)

 

ちなみにこのバイキングは500円ですwwwww

 

バガンに来たら景色も素晴らしいですが、

f:id:pecorin1009:20180908133017j:image

このお店も是非立ち寄ることをオススメします。

 

以上です。

 

物価は言うまでもないですが、

ミャンマーの食事がここまで美味しいとはこの旅の一つの大きな発見でした。👀

 

今後、2018年10月よりVisa無しでミャンマー渡航できるようです。

皆さまも美食と絶景の国ミャンマーへ行かれてみてはいかがでしょうか?

ミャンマー冒険記〜オススメのホテル編〜

どうもてらくんです。

先日はアジア最期の秘境と言われるミャンマーに旅行へ行ってきました。


旧首都にして未だ最大の都市ヤンゴンと東南アジア屈指の絶景スポットのバガンに行ってまいりましたが、、


ガイドブックにはなってない素晴らしい宿を見つけたのでリアルなミャンマーの今と共にシェアさせて頂きたいと思います。



今回は高校時代の友人と2人で成田空港から行きました。

f:id:pecorin1009:20180830221430p:plain


安さを追い求めたら、とんでもないトランジットになりました。


タイで5時間55分待ち…笑

普通に寝ました(^ω^)


でもこれが最低価格。

片道15000円でミャンマーにいけちゃいます。


トランジットを済ませていざ、ミャンマーへ入国🇲🇲


初日泊まったのは

リトルヤンゴンホステルさんです。


宿泊費が、半端ないって!!!!


な、な、なんと。

1人当たり1泊502円!!!

f:id:pecorin1009:20180830223301j:plain

ヤンゴンは近年は地価が上がっていて家賃に関しては高騰している傾向があるようです。

そんな中、とんでもない物件を見つけてしまった…


大きな不安と少しの好奇心が入り混じる中、いざゲストハウスの前へ!!


f:id:pecorin1009:20180830222455j:plain

ヤンゴンダウンタウンの39th通りにありf:id:pecorin1009:20180830222600j:plain

リアルなミャンマー人の生活を感じる事ができます。


さて、リトルヤンゴンホステルの中はどうなっているのか…

共有スペース

f:id:pecorin1009:20180830223740j:plain

色んな国の人たちと交流する事ができます。我々は日本大好きなスリランカ人と仲良くなり、Facebookで友達になりました。🇱🇰


廊下

f:id:pecorin1009:20180830224042j:plain

すごくオシャレでセンスがいいです。



寝室(8人部屋ドミトリー)


f:id:pecorin1009:20180830224358j:plain

カーテンで仕切られており、プライバシーも守られてます。

クーラーも効いててとても涼しく快適な寝室です。


階段

f:id:pecorin1009:20180830224811j:plain

上にはバスルームがあります。(写真撮り忘れた)

シャワールームはトイレとユニットタイプで東南アジアでは一般的なものかと。ここを気に入ってずっと住んでる人もいるようで、皆が気を使って使っており、バスルームも小綺麗でした。


滞在中不自由を感じた事は一度もありませんでした。スタッフもフレンドリーで楽しい初日でした。


皆さんも1泊500円で泊まれるリトルヤンゴンホステルを拠点に大都市ヤンゴンを探検してみてはいかがでしょうか?


以上で今回の記事を終わらせて頂きます。

(^ω^)

薬剤師が教えるシミ、そばかす予防とオススメの薬

こんばんは、更新をサボってるてらくんです。😹

 

夏に入り紫外線の多い季節になってきました。皆さんご存知の通りこの紫外線というのは目に見えないものですが、想像以上に危険なものであり、女性の敵であるお肌のシミ、ひいては皮膚ガンなどの疾患にも繋がってゆきます。

あ、実は私薬剤師の免許を持っておりまして、現在も現場で働いております。

 

そこでそんな私が

①紫外線を防ぐ日焼け止めクリームについて。

②万が一お肌のシミが出来てしまった時に飲むべき市販薬は?

についてお話しさせて頂けたらと思います。

 

①紫外線を防ぐ日焼け止めクリームについて

・適切な日焼け止めクリームの使用により、シミの予防、日焼け予防を行う事ができます。

夏、紫外線が強い中、ご使用されている方も多いかと思いますが、この日焼け止めクリームの使用によってかえって肌荒れを起こしてしまう方も少なくありません。

原因は日焼け止めクリームの中には紫外線吸収剤として、メトキシケイヒ酸メチルヘキシルの様な、肌に負担をかける有機化合物が配合されている点です。

よって、シチュエーション、目的に合わせた、適切な強さの日焼け止めクリームを選択する必要があるという事です。

 

ではどの様な指標によって見分けるのか?

指標となるのは

PA値、SPF値です。

 

それぞれ説明させて頂くと

PA

→UV A(紫外線A)を防ぐ強さ=シミ、そばかすを防ぐ強さで(PA+)(PA++) (PA+++ )(PA++++)の4段階あり。+の数が多いほどUV Aを防ぐ強さが強い。

 

SPF

→UV B(紫外線B)を防ぐ強さ=日焼けを防ぐ強さでSPF1〜50+までの値があり、値が大きくなるほどUV Bを防ぐ強さが強い。

 

というものになります。

日焼け止めクリームに書いてあるので見て見ましょう。

f:id:pecorin1009:20180730002142j:image

こちらはベトナムで購入した日焼け止めクリーム。

SPFは50+と最高ランク、PA+++と上から2番目。

だいぶ強めの日焼け止めクリームである事がわかりますね。

 

図にまとめたものが下記です。

 

f:id:pecorin1009:20180730001629p:image

買い物や軽い散歩など、は低値のもの。

屋外のレジャー、マリンスポーツなどは比較的しっかりと守れるものがオススメです。

例としては

・真夏に暴露時間が2時間を超える場合は中程度(PA+++ SPF50)以上が推奨。

・2時間以内、または日常生活であれば(PA++ SPF30)で十分。

 

と言った値になります。

 

ただし先程も述べましたが、効果が強く得られるもの=それ相応の有機化合物が構成要素になっています。

強すぎる日焼け止めクリームの乱用にによって皮膚科を受診してお薬をもらいに来る方は、意外と多いです。

自分の肌の強さとも相談して、自分に合った日焼け止めクリームを購入されてください。

 

②シミが出来てしまった時に飲むべき薬。

・まずはじめにシミ、そばかすは

「肝斑」と「肝斑以外のシミ、そばかす」に分けられます。

まずは自分がどれに該当するのか、医師による診断を受けるのがベターでしょう。

 

肝斑の特徴としては

・30歳以上に多く

・左右対称に出現

・妊娠により悪化する。

・紫外線により悪化する。

 

というものがあり、

オススメのお薬は

・トラネキサム酸(トランシーノ®︎)

があります。

 

基本的に安全性の高い薬剤ですが、副作用として血栓傾向があります。

頭痛、ふくらはぎ痛、息切れなどの症状が出ましたら、すぐに薬剤を中止し、医師または薬剤師に相談しましょう。

 

次に、肝斑以外のシミ、そばかすに対するお薬です。こちらはアミノ酸やビタミンベースの薬剤なので副作用はほとんどありません。

もちろん、お薬なので、有効性、安全性の為にも用法用量は必ず守って飲んで下さい。

 

・LーシステインハイチオールC®︎など)

→ターンオーバーを促進し、シミの原因となるメラニン産生酵素を抑制する。

 

・ビタミンC

メラニンを直接還元し、シミを薄くする。

 

・ビタミン B2. B6

→皮膚の新陳代謝を上げ、ターンオーバーを促進する。

 

・ビタミンE

→皮膚の血流を高め、メラニン排泄促進する。

 

パントテン酸

→ビタミンCの働きを助ける。

 

この様な概要になります。

また、Lーシステインについては医者からもらう事が出来ません。(1番よく効くと思うのですが…)

医療用医薬品で、該当成分が無い為です。

 

よってネットで購入するか薬局で薬剤師の指導の元薬局で購入しましょう。

 

そのほかの薬剤は、薬局でも、医師による処方箋でも入手可能ですので参考までに。

 

以上になります。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

拙い文でしたが、皆さんの健康のために少しでもお役に立てたら幸いです。

また、お薬の事、健康の事で相談も受け付けておりますので気軽にコメントも下さい。

夏は暑いですが、シミもバッチリ予防して乗り越えてゆきましょう♪

 

てらくん